BenchMark的なもの


umhr_benchFlashの再生性能に合わせてエフェクトのかけ具合を調整したら、きっとユーザーにやさしいコンテンツができると思うのです。まずはintの加算で有為な違いを測定できるのか試してみる。

▼Wonderfl

■結果
10/1000秒間int型の加算を何回できるかをみる。3回はかる。

MacBookPro MacOSX IntelCore2Duo 2.4GHz
計測値:14717,14426,14513

(ShopBrand) Windows Vista AMDAthlon64X2DualCore 4000+ 2.10GHz
計測値:5312,5290,5239

Dell INSPIRONmini10 WindowsXP Intel Atom 1.6GHz
計測値:448,3283,3416

PowerMacG4 MacOSX PowerPCG4 1.25GHz Dual
計測値:4254,4325,3985

iBook MacOSX PowerPCG4 800MHz
計測値:2805,2777,2632

■考察
趣旨としては、PowerPCMacとNetBook(Dell INSPIRON)より下を弁別できればと思ったので、5000以下にすれば良いのかな。こんな感じ。
ハイスペック用エフェクト:10000〜
ミドルスペック用エフェクト:5000〜10000
ロースペック用エフェクト:〜5000

ただ、AMD Athlonのマシンは遅いけど、極端に遅いわけでも無いしな〜。ちと微妙。他の環境も含めて、取り直してみるつもり。

▼ActionScript AS3(FP9)
[sourcecode language=”as3″]
/*
Flashの再生性能に合わせてエフェクトのかけ具合を調整したら、
きっとユーザーにやさしいコンテンツができると思うのです。
まずはintの加算で有為な違いを測定できるのか試してみる。
/////
10/1000秒間int型の加算を何回できるかをみる。3回はかる。

MacBookPro MacOSX IntelCore2Duo 2.4GHz
計測値:14717,14426,14513

(ShopBrand) Windows Vista AMDAthlon64X2DualCore 4000+ 2.10GHz
計測値:5312,5290,5239

Dell INSPIRONmini10 WindowsXP Intel Atom 1.6GHz
計測値:448,3283,3416

PowerMacG4 MacOSX PowerPCG4 1.25GHz Dual
計測値:4254,4325,3985

iBook MacOSX PowerPCG4 800MHz
計測値:2805,2777,2632
*/
package {
import flash.display.Sprite;
import flash.text.TextField;
[SWF(backgroundColor = 0xEEEEEE, frameRate = "30")]
public class Main extends Sprite {
public function Main():void {
var tf:TextField = new TextField();
tf.appendText(String(BenchMark.getCount()));
tf.appendText(",");
tf.appendText(String(BenchMark.getCount()));
tf.appendText(",");
tf.appendText(String(BenchMark.getCount()));
addChild(tf);
}
}
}
class BenchMark{
public static function getCount():int{
var count:int;
var myTime:Number = (new Date()).getTime();
while ((new Date()).getTime() – myTime < 10) {
count++;
}
return count;
}
}
[/sourcecode]