Currently browsing tag

C#

Magick.NETを使ってみる

ImageMagickの.netフレームワーク向けラッパー、Magick.NETを使ってアプリを作ってみました。

C#WPF WebBrowsers

WPFでウェブブラウザ機能を使うときにはWebBrowserコントロールを使う。ちょっといじくれば、ほぼこれで事足りる。Chromiumベースで行きたい場合は、EO.WebBrowserが良さそう、という話。

FullScreenWebBrowser

マルチモニタの際もモニタをまたいでフルスクリーン表示をするWebBrowserを作ってみた。

Windowsタスクバーの表示・非表示

デジタルサイネージコンテンツを作るときに、Windowsのタスクバーが邪魔だなー、ということがある。 なので、表示・非表示を切り替えられるアプリを作った。

日付と時刻の変更

アプリケーションを作って動作確認をする場合、日や年をまたぐタイミングや、うるう年(うるう日)でも処理に間違いが無いかに注意が必要なことがある。そんな時用にWindows向けアプリを作った。

MonkeyTester

アプリケーションのテスト方法のひとつに、モンキーテストというのがある。とりあえず無作為にクリックしまくるようなストレステストのことだ。それを行うツールを作ってみた。

QuickTimeFullScreenViewer

AppleのQuiciTimeムービーを複数モニタをまたいでフルスクリーンで表示するためのアプリ。

HelloOpenDMX

舞台照明、演出でもデジタル機器によるコントロールができます。DMX512というプロトコルを使うようなので、試してみました。

UDPSerialProxy

前回の「UDPClient」と「ArduinoとC#でのシリアル通信」を合わせて、UDPで受け取ったものをSerialに送る、逆にSerialで受け取ったものをUDPに流す、というアプリをC#で作った。

UDPClient

インターネット通信の話で、TCPという名前はよく目にすると思う。そのTCPに似たものとしてUDPがある。 どちらもインターネットだけでなく、ローカルエリア内や一つのPCで完結するアプリ間通信にも使うことができる。 ここで …

ArduinoとC#でのシリアル通信

ArduinoとPC間での通信はいろんなやり方がありますが、一番基本的なのはやはりUSB接続のシリアル通信でしょう。ここでは、ArduinoとC#で通信する例を紹介します。

MultiTouchChecker(C#)

マルチタッチデバイスで何点取れているか、IDの振り方を確認するC#アプリ。 Flashでも似たものを以前作っていて、役に立ってはいるのだが、それはFlashでちゃんと動くことを確認するツールであった。しかし挙動が予想どお …

複数モニタでフルスクリーン(C#)

Flashでフルスクリーンを実行すると、一つのPCに複数のモニタをつなげても、一つのモニタのみでのフルスクリーンになってしまいます。 複数のモニタ全体を使って表示する場合、IEのキオスクモードを使ったり、AIRを使ったり …