Currently browsing tag

AIR

ExecutableTester

NativeProcessでアプリを起動する記事を以前書いたのだが、なんだかわかりにくかったので、作り直した。

AIRでWebServerを作ってみた

WebServerってどういう風にできてるの?って思ったので作ってみた。 やることといったら、リクエストに応じてファイルをさばくこと、Cookie、Basic認証、POST、CGIくらいのものだけど。

2304 Seg Display

7セグLEDを並べて全体をディスプレイとして使うアプリがあったら面白いかなと思って作った。

LocalAddressの取得

AIRアプリから、デバイスのipアドレスを取得する場合には、NetworkInfoから取得すると簡単なはずなんだけど、スマホ、とくにiOSからだと上手くとれない。そこで、DatagramSocketからとる方法を試してみ …

Oculus RiftのANEをFlashDevelopで設定してみる。

Oculus Rift(オキュラス・リフト)は内蔵センサーの値をPC側に投げることにより、ヘッドトラッキングを可能にしているヘッドマウントディスプレイです。 このセンサーの値をAIRで受け取るためのANE(AIR Nat …

UDPClient

インターネット通信の話で、TCPという名前はよく目にすると思う。そのTCPに似たものとしてUDPがある。 どちらもインターネットだけでなく、ローカルエリア内や一つのPCで完結するアプリ間通信にも使うことができる。 ここで …

AIRのSQLiteだとPC/iOS/Androidでもウハウハ

Adobe AIRはSQLiteを使えるので、データを溜め込んで後で使いまわすこともできる。 ここでは、textデータだけではなく画像(バイナリー)も保存、後から取り出して使えることを確認した。 PC/iOS/Andro …

TCPサーバーとクライアントを作ってみる

アプリ間、マシン間通信をするときにはいくつかの方法があるが、TCPによる通信はその中でも基本的なものだ。 ここでは、FlashによるTCPサーバー、TCPクライアントを公開する。

RTMFPネット越しのビデオチャット

RTMFPを使うと、ウェブブラウザ内で動くビデオ&ボイスチャット機能が簡単に作れる。LAN内はもちろん、インターネット越しでもOK。AIRを使えばPCアプリでも、スマートフォンアプリにもなる。

FlashDevelopでAIRKinect 2.xを動かす。

AIRKinect2_3_0.zipAIRKinect 2.xはFlashでKinectを使うためのライブラリです。スケルトンの座標はもちろんのこと、深度や人型のマスクをBitmapDataとして簡単に取得できます。 た …