Currently browsing

Page 3

MiniSlideshow4

Slideshow的なものを作りたくなったので。その4

全天球写真ビューワー

RICOH THETAで写真を撮ったのだが、一般公開せずにウェブ上で楽しむ方法(ベーシック認証をかけたページで閲覧とか)が無いようなので、ビューワーを作った。

螺旋上を走る

タッチ端末やキネクト操作のコンテンツで、「ユーザーがコントロールするオブジェクトが、敵などのオブジェクトに当たって消える」ときに、指などが重なりわかりにくい時があります。 その時に、吸い込まれていく表現を上手くコントロー …

4/12 タコ焼きパーティーやります

弊社や私の個人的な繋がりを中心に三ヶ月に一度、飲み会をやっています。 毎回20~30人くらいに来てもらって楽しんでいます。誰でも参加OKにしているので、このblogを見ているだけの面識の無い方でもゼンゼンかまいません。ご …

ScreenSizeや環境情報の取得

デジタルサイネージ・展示系の制作をする際、なるべく早い段階で動作確認をする。順調に動いていれば良いのだが、様子がおかしい時に問題点を切り分けるのが結構大変。確認用のツールを作ってみた。

スムージング処理

Shapeで描いた図形を綺麗なBitmapにしたい時に向けて、スムージングの癖を確認するために簡単なテストパターンを試してみた。

SVG Demo

SVGを読めるかの確認をしてみた。

FlashゲームをHTML5でWindows8アプリ化

株式会社サンリオのFlashゲームをCreateJSを用いてWindows8アプリに移植しました。 その際の移植、アプリ化に関するノウハウをまとめたpdfを作成しましたので配布いたします。

FlashIDEのイージング50ってナニ?

FlashのタイムラインアニメーションをAS3に置き換える際、ところで「イージング50」て何が50なの?ってなったので、確認してみた。

Oculus RiftのANEをFlashDevelopで設定してみる。

Oculus Rift(オキュラス・リフト)は内蔵センサーの値をPC側に投げることにより、ヘッドトラッキングを可能にしているヘッドマウントディスプレイです。 このセンサーの値をAIRで受け取るためのANE(AIR Nat …

Windowsタスクバーの表示・非表示

デジタルサイネージコンテンツを作るときに、Windowsのタスクバーが邪魔だなー、ということがある。 なので、表示・非表示を切り替えられるアプリを作った。

半球投影面

通常、CGにおいては3D空間を平面に投影した結果としてレンダリングする。 それを映画のスクリーンであるとか、TV、PCモニタのような平面に映し出せば、平面の向こう側に3D空間が広がっているように見えるわけだ。 でも、投影 …

MiniSlideshow3

Slideshow的なものを作りたくなったので。その3

FontViewer

フォントを比較検討するためのツールを作ってみた。