スムージング処理


antialias_thumbShapeで描いた図形を綺麗なBitmapにしたい時に向けて、スムージングの癖を確認するために簡単なテストパターンを試してみた。

↓Flashで生成した画像をPhotoShopで角度を1度回転させたもの。
rotationbyps
↓Flashで描画

ImageQuality – wonderfl build flash online

元のShapeを回転させてBitmapにdrawする。その回転のさせ方などをいろいろ試した。
Bitmap、BitmapData、Shapeにdrawする際には、まず二倍のサイズに拡大してから縮小しながらdrawしている。
モアレのでき方が微妙に違う場合があるのに注意してほしい。

この確認からわかったこと。
・Bitmap自体を回転して表示するだけでもキレイ。
・BitmapDataへのdrawの場合、StageQuality.HIGHがクオリティの上限。
・BitmapとShapeへのdrawの場合、StageQuality.HIGH_8X8がクオリティの上限。
・BitmapとShapeは特に違いが無い。
・二回に分けて縮小しても特にキレイさが増すように見えない。むしろモアレが増えてる。