コロコロ脱出迷路アプリMazeEscapeをNapeで作りました


nekome_mazeEscape_140314
コロコロ脱出迷路 MazeEscapeを Napeを駆使して作りました。
毎回ランダムで迷路を生成します。
Google Playに公開中(無料)です。

コロコロ脱出迷路 MazeEscape


あそびかた

 ・端末の傾きで玉を転がして、迷路脱出させるゲームです。
 ・迷路は毎回ランダム生成です。
 ・Lebel:1~5まで用意しました。
 ・ときどきに端っこで、タマがひっかかります、そのときは、
  端末を振ると大体取れます。
  ※どうしても取れない場合は起動しなおさないとだめかも
 

その他、製作メモ

 ・ゲームのアイデア
  時間制限とか、取得しないといけないアイテムを配置するとか、
  いろいろ工夫の余地はありそう。
 ・実験作なのでいろいろ改善する必要があります。 

 

 ・物理計算をNapeにおまかせして実装しました。
  玉と、壁をNapeのspaceに配置して計算してもらっています。
  Box2Dと違って、ピクセル単位で配置できるので非常に実装しやすかったです。
 

 ・表示はStarlingでGPU描画処理するようにしています。
  PC上では複雑な迷路、玉の数をたくさん増やしても大体フレームレートが安定するのですが
  モバイル上だとどうしても、限界があるため
  レベル5までにとどめました。 iOSでも試したのですが
  Android機種より、やや不安定で調整が必須と感じましたので
  いい感じに調整できたら、appストアにおけるか申請してみたいと思います。
 
 ・fpsは30です。
  あえてStats表示を残しました。
  レベル5だとだいぶ重くなってしまいます。 
 
 

参考リンク

 ・fumiononaka.com Starlingフレームワークで物理演算エンジンNapeを使う
 ・ActionScript入門Wiki 迷路自動生成(壁のばし法編)