配列について


配列とは

AS3を含む多くのプログラムでは、同じような値をまとめて管理するための仕組みが用意されています。プログラミングの上級者は初級者よりもずっとプログラムを効率よく、柔軟に作ることができます。でも、上級者はミスを全くしないから、効率が良いのではありません。
彼・彼女達はまとめて管理する仕組みを上手く使うことにより、ミスをしにくいプログラムを書いているのです。
ここでは最も基本的な「まとめて管理する仕組み」の、配列の説明をします。

極基本の説明

実例をみながらおさらい。

参考
http://oshige.com/flash/as3note/chapter3/

例えば、次のようなスクリプトを作ったとします。

このスクリプトを元に、丸の数を5つにします。

なんか似たような記述が5個もならんでいることに気づくでしょう。
これらは配列を使うと、一括して管理できます。
まずは_onPositionXのところを配列で管理してみましょう。

先ほどまで次のような記述が

次のように一括でまとまりました。

でも、Main()の中に次のような記述が増えました。

これでは、一括管理と言われてもなんだか腑に落ちないはずです。
でも、これは次のように、まとめることができます。
_onPositionXs = [0,0,0,0,0];
_onPositionYs = [0,0,0,0,0];
同様に、onClickの中身は
_onPositionXs = [Math.random()*stage.stageWidth,Math.random()*stage.stageWidth,Math.random()*stage.stageWidth,Math.random()*stage.stageWidth,Math.random()*stage.stageWidth]
_onPositionYs = [Math.random()*stage.stageHeight,Math.random()*stage.stageHeight,Math.random()*stage.stageHeight,Math.random()*stage.stageHeight,Math.random()*stage.stageHeight];
と、まとめることができます。

http://wonderfl.net/c/2Wqf/

やっと、一括管理という言葉が似合うようになってきました。でも、まだまだです。

http://wonderfl.net/c/vW5A
http://wonderfl.net/c/jvGz
http://wonderfl.net/c/oNlh