外部画像を読み込む


画像ファイルをロードして、ステージに置く方法

画像を読み込む1

Flashで外部画像を読み込む場合、次のように書く。

image.jpgの部分は、画像のURL。flickrやblogなどの画像でもかまわない。ローカルPCで確認する際は、swfと同じ階層に置く。相対パスの場合は、swf単体で再生する場合は、swfが基準に、htmlに貼り付ける場合はhtmlが基準になるので、注意。

wonderflに画像をアップするには次の手順

      1)ASの編集画面時に左上のタイトル欄に「タイトル、タグを編集」があるのでそこをクリック。
      2)さらに「+more」をクリック。
      3)「related images:」のUPLOADボタンを押して、画像を指定する。
      4)終わったら、okボタンをおして、タイトル編集モードから抜ける。
      5)ブラウザのURLから、最後の「edit」の文字を削除して、リロード。つまり編集画面から抜ける。
      6)「RELATED IMAGES」に画像がアップされている。
      7)この画像を右クリックでURLを取り出す。
      8)ただし、このURLはサムネールのURLなので、最後の小文字の「m」を一文字削除。
      9)これで残ったURLが画像。拡張子がついてないが、大丈夫。
      *)まあ、使いにくいけど、もともと違う目的で作られた機能なので怒らないこと!

画像を読み込む2

上記の画像の扱い方は、一番簡単な方法。いろいろ設定する必要がある場合は、次の例を参考に。

Flickrの画像を表示

このあたりは一つ一つめんどくさい話が多いです。wonderflの本に書いたので、困ったらドーゾ(笑)。