Flash Liteとは


こんにちは。
立野です。

Flash Liteについて超かんたんにまとめてみました。

 

Flash Liteとは?

 
音声やアニメーションを組み合わせてPC用のコンテンツを作成するAdobe Flashの携帯電話向けに対応したバージョンです。

Flash Liteが搭載されることによって、アニメーションを使った待ち受け、
ゲーム、動的な携帯サイト、動きのあるバナー画像などに対応できるようになりました。
 
携帯向けに対応していてその名の通りLightということだけあって、
やれることはPCに比べかなり劣ります。

 

Flash Liteにはバージョンがあります。

 
Flash Liteにはバージョンがあり、バージョンによってできることとできないことがあります。
 
Flash Liteの歴史は2003年の5月にDoCoMoの505iシリーズ(FOMAではなくmovaの時代)
から始まり、その時はFlash Lite1.0でした。
 
Flash Lite1.0のときは容量制限が厳しく、簡単なアニメーションしか
できないのが現状でしたが、バージョンアップするにつれ、
容量が増え、Flash Liteでできる範囲が広がりました。

現在ではFlash Lite3.1が最新でドコモの機種が搭載しています。
 

各バージョンごとにできることを表にしてみました。
 
 

Flash Liteはアップデートができない

 
Flash Liteがバージョンアップをしても携帯は
アップデートに対応してません。

PCの場合、Flash Playerのバージョンがアップしたら
パソコンを変えずにアップデートできるのですが、
携帯はそれができないのです。

(NOKIAなど一部の海外メーカーの一部の機種はアップデートできるみたいですが・・・)
 
 

【関連記事】
 ●FlashLiteバージョン別できることを表にしてみた
 ●キャリア別シェアとキャリア別FlashLiteの販売時期をまとめてみました
 ●Flash Liteに関する情報をまとめてみました。