「Photoshop」 黒板の文字


kokuban0

Photoshopを使って黒板に書かれてる文字を作ってみます。

 今回主に使用するのはフィルタの点描です。
色調補正や描画モードと組み合わせることで効果的な表現ができます。 

 

 

<1> まず最初に白い背景に黒で文字を入力します。
kokuban1

<2> 文字を白い背景と統合した後、フィルタの点描をかけます。
セルの大きさは3でいきます。
※この際ブラシの背景色は白に設定しておきます。
kokuban2

 

<3>次に画像の余計な色を飛ばします。
レベル補正でゴミを飛ばしたら、
彩度を0にして余計な色も落としましょう。
kokuban3

<4>Ctrl+iを押して階調を反転させたら、描画モードからスクリーンを選択します。
※レイヤーが背景になってると描画モードを変更できません。
レイヤー複製などを使って通常レイヤーにしましょう。
kokuban4

 

<5>作成したレイヤーの下に新規レイヤーを作成し、
黒板の色で塗りつぶします。今回の色は”#104943″を使いました。
kokuban5

 
<6>ブラシツールで文字の下に線を引きます。
フリーハンドで自由に書けるので状況に合わせて使い分けると良いかと思います。
ブラシツールの設定は下記になります。

【散布】
散布 400%
数 1
数のジッター 0%

【デュアルブラシ】
直径 8px
間隔 1%
散布 0%
数 1

文字のレイヤーをアルファ80に調整して完成です。

kokuban6