swfファイルの張付け法


WordPress上でswfを貼付けるには、「Kimili Flash Embed」の機能を使うと楽。また、単なるリンクだと、ShadowBoxでの表示になる。いずれもSWF Objectを使った高機能なhtml/JSを生成してくれる。

Kimili Flash Embedで表示

0.投稿欄はHTMLを使う。
1.「アップロード/挿入」の一番右の「メディアを追加」をクリック
2.swfファイルをアップロードする
3.「ファイルのURL」をクリックして、URLをコピーしておくのを忘れずに。
4.Kimili Flash Embedのボタンをクリックする。
「untitled.swf」と書かれているところがURL入力欄なので、先ほどコピーしたURLをペーストする。他の項目も適当に入力してして「Generate」ボタンをクリックする。
5.SWF Objectを使うためのタグが生成される。

▼コード

[kml_flashembed fversion=”5.0.0″ movie=”http://www.mztm.jp/wp/wp-content/uploads/2009/05/122onion.swf” targetclass=”flashmovie” useexpressinstall=”true” publishmethod=”static” width=”465″ height=”465″]
&#60p><a href=”http://adobe.com/go/getflashplayer”><img src=”http://www.adobe.com/images/shared/download_buttons/get_flash_player.gif” alt=”Get Adobe Flash player” />&#60/a>&#60/p>
[/kml_flashembed]

▼結果

Get Adobe Flash player

ShadowBoxで表示

▼コード
[sourcecode language=”as3″]
<a href="http://www.mztm.jp/wp/wp-content/uploads/2009/05/122onion.swf" rel="shadowbox;width=800;height= 600">ShadowBoxで</a>
[/sourcecode]

「rel=”shadowbox;width=800;height= 600″」は無くても表示できる。その場合は、デフォルト値(465*465)のサイズで表示。

▼結果
ShadowBoxで表示

Wonderflの張付け法

http://www.mztm.jp/2009/05/14/wonderfl/